人生100年時代




何でこんなに忙しいんだ! と思っているあなた。


忙しいわりには儲からないととボヤク人も多いと思う。


100年人生説が今ブームになっている。

人生50年と言われていたのにですよ。

それが100年も生きるとなると仕事も何回も変えていかなければならない。



どうしようか?


新しい仕事を立ち上げなきゃいけないかもしれない。それも何回も何回も。


そこまで大それたことではなくても、

例えば、

儲けるために新しい企画を1週間で出さないといけないとか。

明日、急にイベントの企画を出さないといけないとか。

次の期の計画を思いきったものに仕上げないといけないとか。


何かいい企画はないかな。何かいいアイデアはないかいな。

と、悩んでいても、どうすればいいか不安でしょうがない。



自分の頭で考えて、考えて、考え抜く。


そんな修行に似た取り組みを何度も何度も行う事で、自ら考えられる、


すなわち 「自力で飛ぶ飛行機人間」 となる事ができるのです。


ようは、勉強しただけではなかなか実戦で活用できる能力が身につかないのも事実なのですよ。


どうしたらいいんでしょうか?


この知識創造時代


知的付加価値を高めた成果物を出していきたい。

しかし、なかなか成果を出せない。

そのために何を、どのように取り組んでいけばいいのか、お悩みの方も多いはず。


その答えは、『道標』みたいなものがないためではないでしょうか?


むやみに情報を集めたりしても、なかなか、まとまった考えにたどり着くのは至難の技である。


それは、手順をある程度想定して、その時々に必要なことがらを認識しながら取り組み、前に進めていくべきだからです。


情報をやみくもに集めても無駄な努力をたくさん費やすことにもなり、


まとめるための軸を作り出さないと、


なかなか進まず、


時間ばかり経ってしまうことになりかねません。


知的生産活動において、ロジカルシンキングなどの思考力を高めるとともに、


ある流れに沿って取り組んでいく「仕組み作り」た非常に重要になってきているのですよ。


仕組みを作ることで、

その結果、

「あ、そうか!」


という洞察が得られ、

良いアイデアや企画が出来上がってくるのだと考えています。


そうする事で自分の頭で考え、オリジナルな発明、発見を見出す事ができる人間になれると考えています。


この本では、「あ、そうか!」を得るためのプロセスを7つのステップで解説いたします。


そのステップを学んでいただき、オリジナルなアイデアを出せるようになっていただきたいと考えております。

Curriculum


  1週間で新しいアイデアを出さなきゃいけない 「アナタ」に緊急案内。〜アイデアが湧き出る秘密のステップ〜
で利用可能 日数
日数 入会後

Choose a Pricing Option

¥1,100

1週間で新しいアイデアを出さなきゃいけない 「アナタ」に緊急案内。〜アイデアが湧き出る秘密のステップ〜

知的生産のたえの7つのステップを習得

1週間で新しい商品を提案しないといけないあなたに緊急案内!


何でこんなに忙しいんだ! と思っているあなた。


忙しいわりには儲からないととボヤク人も多いと思う。


2021年のオリンピック開催までにいろいろな産業が活況になってきているはずなのに私の会社は儲からない。


と、ついつい嘆いている人も多いのではないか?


そして、100年人生説が今ブームになっている。


過去には人生50年と言われていたのにですよ。


100年も生きるとなると仕事も何回も変えていかなければならない。


どうしようか?


新しい仕事を立ち上げなきゃいけないかもしれない。それも何回も何回も。


そこまで大それたことではなくても、


例えば、

儲けるために新しい企画を1週間で出さないといけないとか。


明日、急にイベントの企画を出さないといけないとか。


次の期の計画を思いきったものに仕上げないといけないとか。


何かいい企画はないかな。何かいいアイデアはないかいな。


と、悩んでいても、どうすればいいか不安でしょうがない。


そんな、あなた。


今までの延長線上ではなかなかいい企画、認められて、あっと言わせるような企画ができにくいことも事実です。


高度経済成長期には欧米の真似をしながら、少し変えるだけでいい企画となった時代と今とではその難しさはもの凄い差があることを実感していると思う。


そうです、今の時代、先人はいない。


高齢化社会、環境問題、エネルギー問題、食糧問題など、


この20年間で気付けば、大きな変化の真っただ中にいる私たち。


それでも、食べていくには、仕事を生み出しいくために、新しい企画や情報、提案書などを作る必要があるのだ。


そんな時に、今までもロジカルシンキングやいろいろなフレームワークに従って情報を整理して、アイデアを練り、企画を作ろうとするのですが、なかなか前に進まない。


なぜだ? 


とボヤきたくなる気持ちをグッ〜とこらえてください。


本に書いてあることを実践しようとするとなかなかできない現実もあるのです。


本物の思考を得たいのなら、自分の脳みそを絞ることが大切。


自分の頭で考えて、考えて、考え抜く。


そんな修行に似た取り組みを何度も何度も行う事で、自ら考えられる、


すなわち 「自力で飛ぶ飛行機人間」 となる事ができるのです。


ようは、勉強しただけではなかなか実戦で活用できる能力が身につかないのも事実なのですよ。


どうしたらいいんでしょうか?


この知識創造時代で、知的付加価値を高めた成果物を出していきたい。


しかし、なかなか成果を出せない。


そのために何を、どのように取り組んでいけばいいのか、お悩みの方も多いはず。


その答えは、『道標』みたいなものがないためではないでしょうか?


むやみに情報を集めたりしても、なかなか、まとまった考えにたどり着くのは至難の技である。


それは、手順をある程度想定して、その時々に必要なことがらを認識しながら取り組み、前に進めていくべきだからなのだ。


情報をやみくもに集めても無駄な努力をたくさん費やすことにもなります。


まとめるための軸を作り出さないと、なかなか進まず、時間ばかり経ってしまうことになりかねません。


知的生産活動において、ロジカルシンキングなどの思考力を高めるとともに、


ある流れに沿って取り組んでいく「仕組み作り」た非常に重要になってきているのですよ。


仕組みを作ることで、


その結果、「あ、そうか!」


という洞察が得られ、


良いアイデアや企画が出来上がってくるのだと考えています。


そうする事で自分の頭で考え、オリジナルな発明、発見を見出す事ができる人間になれると考えています。


この本では、「あ、そうか!」を得るためのプロセスを


7つのステップ


で解説いたします。


そのステップを学んでいただき、オリジナルなアイデアを出せるようになっていただきたいと考えております。